カスタマサービス業務

IT全般サービス

サブプライム問題の直接的な影響、日本の労働市場の状況などの環境変化により、企業活動には「不確実性」が増しております。これらの経済環境下では、限られた経営資源を効率よく活用しつつ、高収益体質を構築する事を最優先の経営課題として捉えた際に、BPO(オフショア)を活用する事によって「さらなる要員調達」と「コスト削減」の両方を同時に達成できるというメリットに注目せざるを得ません。

BPO事業領域について

BPO事業の強み

我々はまず、企業がBPOを推進する上での懸念や不安を取り除く事に一番注力させて頂く事で、お客様の業務を円滑に委託させて頂き、経営トップダウンでのBPOを成功に導きます。

  • 業務が複雑で、外部に出すのは無理ではないかと思われるお客様へ
    経験豊富なBPOコンサルタントが、「コア業務」と「ノンコア業務」を分析し、選択と集中によりシンプルに整理し、企業のノウハウ蓄積機会が阻害されるリスクも含めて具体的な導入・実施可能な提案を致します。 (トランザクションの類似性や事務・業務の視点)
  • コスト低減効果は、オフショア先の賃金格差だけではないかと思われるお客様へ
    中国の経済成長を考慮すると、決して短期的な賃金格差はメリットにはなりません。
    BPOコンサルタントにより、委託企業のビジネスや社内業務を理解した長期的な関係が維持できるような、より複雑な業務の整理と対応、継続的な生産性向上によって、中長期的な安定したコスト削減案を提示致します。
  • 言葉の問題も含め、業務品質やサービス品質は低下しないかと思われるお客様へ
    大連のODC(オフショア・デリバリー・センター)には、採用前提となる「高い日本語スキル」に加え、業務知識を備えた人材を継続的に採用しています。また、文化の違いを理解し業務品質を担保する為のSLAや、各種国際規格の取得により品質向上に努め、改善策も提示出来ます。

BPRと移管プロセス

flow

業務移管Process

flow
ステップ ステップ名 概要
1 Phase1
<オポチュニティID>
YiDATECに業務移管可能なバックオフィス業務を洗い出す。
2 Phase2
<ソリューションID>
移管するプロセスを詳細に確認し、考えられるリスク、必要な準備事項を洗い出した上で移管することが可能かどうか、移管することによるビジネスインパクトがあるかを検証、評価する。
3 TG1
(トールゲート1)
YiDATECに移管することによるベネフィット、考えられるリスクと回避策、必要アクションをレビューし、プロジェクトを進めることに対して承認してもらう。
4 Phase3
<移管準備>
パイロットに向けての事前準備(インフラ設定、人員確保、運用取り決めなど)を行なう。
5 TG2
(トールゲート2)
YiDATECにてパイロットを実施するためのインフラ、運用が確定し、必要スキルを習得できていることを確認いただき、パイロット開始に対しての承認をしてもらう。
6 Phase4
<パイロット>
パイロットを通じて問題、懸念点がクリアされ、安定稼動していることの確認し、YiDATECに業務を正式移管できる状態を確立させる。
7 TG3
(トールゲート3)
業務移管パイロットを通じて大きな問題点がなく、安定したパフォーマンスが確認でき、適正EFT、プライシングであるかを確認のうえ、正式な業務委託の契約を承認してもらう。
8 Phase5
<サービス開始>
安定稼動状況、ボリュームの実績管理を行い、生産性向上や改善提案を行う。

IT管理サービス

YIDATECのIMS(IT Management Service)事業部は多国言語サポート可能な優秀なエンジニア集団です。立証されたサービス移管フレームワーク、迅速なインフラ構築能力を活かし、お客様を満足させるITヘルプデスクサービスおよびITシステム運用監視サービスをご提供致します。

2-3カ月の短時間でハイエンドなITサービスセンターの構築が可能、お客様のTCOの劇的な削減に貢献致します。

IMS GDCコアコンピタンス

IMS業務範囲

IMS業務内容概要

ITテクニカルサポートサービス

YIDATECは、アジア・太平洋地域だけではなく、グローバルのお客様に、TSC(Technical Support Center)を通してテクニカルサポートサービスを提供しております。現在、多数のトップ500IT企業と長期的なパートナーシップを確立しております。

IT Helpdeskサービス

YIDATECはITIL理論に基き、先進的なITサービス管理システム(HP OpenViewやRemedy ITSM等)を利用し、お客様企業の内部ユーザーに、ITヘルプデスクサービスを提供しております。
お客様にサービスを提供する際に、窓口の一本化(SPOC)及びプロフェッショナルなサービスチームによるサービスの提供にこだわり、お客様側の管理コスト削減、顧客満足度の向上に貢献致します。

ITシステム運用監視サービス

YIDATECのITシステム運用監視サービスはお客様が望まれる企業ITシステムリソース管理、パフォーマンス管理&最適化、障害対応、インフラ管理、セキュリティー管理など幅広い管理内容に対し、リモート或いはオンサイトの方式で、365日、24時間体制のITシステム運用監視サービスをご提供致します。